SEIKOのダイバーズウォッチもロレックスそっくり


私は知性の高レベルな好奇心、工学への私の帽子についての情報と情熱がこのようにプロジェクトを取ること。科学における革新と進歩、いつもの奇行と想像力と織り合わされている。それほど多くの人々を決して理解します、しかし、そうするものは、常に世界の変化と進歩の方向にリードする世代。あなたのプロジェクトに関しておめでとうございます。
と3次元印刷「添加物の製造工程がないので(理論)を無駄にしたどんな材料でも、cnc技術に反対します。反復開発は容易に達成すれば左とデザインは「オープンソース」は、ユーザーが世界中のどこに適応することの可能性―既存のデザインについての改善は無限大です。
男は、私にあなたを思い出させる曲がったカーニバルゲームで勝つという作業時計腕時計がそれらの古い巨大なベルトのウイスキーはそれらの1つに見られる。
とにかく、これは最高のばかなものの私は、それらのばかな機械から出てくるのを見たことがある。
ゴールドの腕時計の富と地位を表すと、センスにおいて、それは常にそのようにありました。それを言って、歴史的な意味で非常に実際的な理由のためにケースを材料として用いられる金メーカーを見てください。金属として金のいくつかの興味深い性質があり、かなり変色性であることを簡単に加工されることから(それはまた、ポーランドは本当によくします)。金の場合は他の金属との混合合金を作製し、それはそれらの他の金属の硬度とゴールドの有益な特性のいくつかを混ぜます。歴史的に、大部分のゴールドケース腕時計を持っているか、または18 k 14 kゴールド。18 kゴールド腕時計は比較的最近の現象です、1980年代初期に始まって、人気になって、金の価格が増加を始めたとき、腕時計メーカーにより多くの金を追加するには、彼らが増加ゴールド腕時計の価格。
ビジネスの世界では、金の腕時計の面白い歴史がありました。20世紀の間に、それは才能のある金の時計を最後に引退する多くの年のための会社で働く多くの人々の目標であった(少なくとも一部の人々のために起こった)。金のビジネスの人々や専門家の特定のタイプの腕時計の成功と状態の指標となっている。人々は、彼ら自身の余裕金腕時計の進行中の通貨の成功との社会的重要性のレベルを意味したことからできたそれらの仕事をしたかったのです。
今日は、金の腕時計に類似した社会的・文化的価値を持ちます、贅沢な腕時計業界での彼らの重要性は面白い材料の多くの他の種類の流入も変化した。すぐに認識できないことなどない高価な時計を着たいそれらの人々があり、単に金を着ての考えが好きでない人々さえ。ゴールドの腕時計のような明らかなステータス・シンボルは、世界の特定の地域における摩耗に危険でありえます、そして、若干の例においては、1つ1つの出費習慣を伝えたくないかもしれませんについての社会的なメッセージを伝えるさえするかもしれません。
それにもかかわらず、すべての金の腕時計の魅力はまだ非常に多くの異なる文化の中のすべての年齢の数人の願望である。私がまとめたもののリストは、単に私が感じるときあなたの主な目標は多くの大騒ぎなしで顕著にゴールドの腕時計を持っているのを着るのが最高の時計の10。本当にそこに金の赤字ではないケースの腕時計にあります、しかし、これらの10の時計を非常に強調する「ゴールド腕時計を身に着けている。」私が指摘をしたいのですが、私の意見では、18 kのイェローまたは18 kローズピンク/レッドゴールドの経験のために十分に金の時計を着用する必要があり、18金ホワイト金がないとして、標準的なゴールドカラーがあります、そして、それが遠くから鋼と間違えられることができることがあれば、正しい目的の「ゴールド腕時計」効果がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です