ロレックスを大切に使いたい気持ちはわかるが


2007年に設立され、買いガイド腕時計を発表し、毎月世界中の100万人以上の人々によって見た時計レビューと時計の記事。
abtw愛好家を提供するよう努めます、消費者とコレクターを見る最高の程度に関連した情報を見てください。我々は、我々の観衆との我々の報道のために働くことが情熱と同様に正直です。
どのように、我々は常に人気の腕時計は明らかではありませんを識別するための一部であるが、その要素の組み合わせ設計の仕事を見て、本当に役立つものと思います。私が特に好きであるものは、デュオの努力については、大部分は洗練されたパーツの非常に熟練した統合。これらの全てが私の腕時計を着て欲しいです、しかし、各々はすぐに面白くて考えさせる。あなたは私のものまで、写真をし買い物をしたにちがいないと私は思いました!私は、概念と思い楽しみです、しかし、私は他に何かを言うのは正の考えることができません!
私はそれの写真があまりに買い物をしたと思いました、しかし、youtubeの上でビデオを箱から出してあります。
最近の年と見たディーゼルを見る私を悩まし続けます。というのが私のためにこれまでにあったならば時計。
ブランド戦略の1つであるレゴのようなランダムな部品を混ぜる。あなたが知っている
「中国とアジアの他の地域では、オリジナルデザインのはるかにより観測
私は管理された選択と設計」の複製」と呼ぶものより。」それを見る1つの方法は、それが―。私は感謝しながら彼らの明らかな技術と彼らのイメージのいくつかによって楽しんで、私はノン誘導体のデザインを見るのを好みます。センスのように、これは何も新しいのを見てからのすべての世界で最悪です。しかし、要素の混合である楽しみを見るのは、しかし、何も私は本当の腕時計を見たいでしょう。と言って、私は彼らが考えることは、「もしも」シリーズは完全に意味をなしますと私は、彼らが出してくるものを見るのを楽しみにしています。
私が考える私のマンマークが同意するでしょ…すみません、私が選んだ
しかし、sでさえ、あなたはまだ彼らをアンカーに鼻を必要とします。さらに彼らは目の損傷が原因―まだ集団訴訟に加わる時間があります。
眼の損傷はなぜですか?あなたは、ロレックスのベゼルを見るだけであなたが鏡をのぞくとき。
スティーブ・マーティンの映画「ジャーク」において、装置目のクロスに行く人々を引き起こします。集団訴訟につながる。
私はすばらしい映画を知っていて、おそらく最高のスティーブ・マーティンの映画についての後の死人は、プレードを着ません。
私は、おかしい、ロレックスのベゼルについては、しかし、多分、それはそれでありませんでした私の頭の中にあったのと同じくらいおかしい。
問題でない、私はちょうどおそらくあまりに難解映画参照またはあなたが日に戻ってそれを見ないと思ったのだ。応援しています。
私が子供であったとき、私は夢中で貪り2000 adに使われるならば、英国の漫画週刊科学を生み出した。私のお気に入りの内にあったdredd判事は彼の世界を鮮やかに描かれたようだったので、とてももっともらしいようでした。
メガシティー1において、dreddの故郷の市は、失業と幻滅のように広まっていました、人々は偽と無意味な日間を満たす非仕事を発明したのは、全く怠惰:いくつかの長期に適しています。1つの市民は彼自身の深い誇りと自動的に卵をキャッチして投げ失敗のための装置を造りました。もう一つの行動のすべての日をロボットのような自動組立ライン上で動作する。というように。
今私たちはここにいるのは、実生活で。私は、これらのイメージは賢いのどれも、面白いか考えさせる。彼らは不毛のマッシュアップです、悲しいと空虚な。腕時計(sic)メガシティー1でうまくやるでしょう。彼らは右にフィットします。
いくぶん面白いと思うけど、私は例外的にフォトショップを仕事と考えるということを知りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です